日本船燈株式会社/空:空港灯火商品のご案内−進入用灯火:P型進入角指示灯(PAPI)

空:空港灯火
【進入用灯火】
  • P型進入角指示灯(PAPI)
  • P型進入角指示灯用監視システム

  • 【滑走路用灯火】
  • G-2型滑走路距離灯

  • 【誘導路用灯火】
  • T-7型誘導案内灯
  • T-2型誘導標識灯

  • 【エプロン用灯火】
  • スポット番号表示灯
  • 正対目標灯

  • 【管制用灯火】
  • PSL-3型指向信号灯


  • FRP BOX
  • 可折接手

  • 空:空港灯火−進入用灯火:P型進入角指示灯(PAPI)



    P型進入角指示灯(PAPI)概要

    航空機のパイロットに適切な進入角を色の変化によって知らせる視覚援助機器です。 滑走路のランクによって設置灯数は異なりますが、標準式は進入方向に4灯設置されます。パイロットが滑走路への進入時、この灯器の見え方によってその航空機の進入角が適切であるか確認できます。

    仕様

    【灯光】上半分が航空白および可変白、下半分が航空赤
    【光度】最大115,000cd(白)、30,000cd(赤)
    【電球】JFR6.6A200W/P×3個
    【フィルタ】ダイクロイック(赤/白)
    【光学系】カセット化されておりボディより取り出せる
    【外観色】航空黄赤(FRP製ボディ)
    【重量】約33kg
    【付属品】仰角検視板・精密傾斜計・水準標・遮光板
    (大)(小)・スパナ(5種類)光学カセット収納箱(オプション)

    ▲PAGE TOP


    P型進入角指示灯(PAPI)の見え方
    ▲PAGE TOP
    参考写真


    航空機がPAPI設置位置付近に着陸する 瞬間です。
     

    濃霧のため、霧にPAPI灯器の色光が映って
    いる写真です。1つの灯器から、赤白の光の色が投映されているのがハッキリと判ります。
    (赤白の境目を転移層と言います。)
    ▲PAGE TOP